エアコンとカーテンレールと。設置スペースに注意。

000074

エアコンを購入する時には室内機の設置スペースを考えますよね。

でもカーテンレールとエアコンの位置関係まではなかなか頭がまわりません。

そんな中、カーテンレールを取り付けとその後のエアコン設置について話を聞くことができましたのでご紹介します。

室内機の設置スペースにも要注意です

新居にカーテンレールを付けてもらった時のこと、カーテン業者さんから、「エアコンのコンセントが窓の近くにあるので、エアコンの吹き出し口の邪魔にならないようにカーテンレールを付けましょう」と言われました。

 
窓とエアコン用のコンセントは結構離れているように見えたので、内心「そんなものかなあ」と思いつつ、カーテンレールを付けてもらいました。
そして次にエアコンの取り付け業者さんが来た時にカーテン屋さんの言っていた意味がよく分かったのです。

 
まず、窓のすぐ上にエアコンを取り付けるときです。最近のエアコンは吹き出し口が大きく下に開くタイプのものが多く、その開いた吹き出し口がカーテンの上部に引っかかりそうだったのです。

カーテン屋さんがそこを見越してギリギリまで下げた位置にカーテンレールを取り付けてくれていたのとエアコンをより高めの位置に付けてもらったので、幸い当たることはありませんでしたが、カーテンはレール上部より少し出る感じで作ってあるので、確かに吹き出し口がぶつかりやすいと思いました。
窓から天井までの高さが低い場合など、要注意だと思います。

 
もう一つ、エアコンの取り付け位置が部屋の角にあり、エアコンと直角の位置に窓がある場合も同様でした。この場合も吹き出し口がかなり前にせり出すタイプのエアコンだと、せり出してきた吹き出し口が真横の窓のカーテンレールにぶつかる場合があるようです。
家の場合、こちらのほうがぶつかる可能性が高かったので、カーテンレールを窓の外側ではなく、窓枠の下に収める形で取り付けて、カーテンレールの方のでっぱりをなくし、エアコンにあたらないように工夫しました。

 
業者さんと話をしたのですが、家を建てる場合、もちろんある程度コンセント位置などは注意するのですが、エアコン用のコンセントの位置決めの時カーテンの事などまでは考慮に入れていない場合も多いそうです。
余裕のある広いお宅なら大丈夫かもしれませんが、スペースに限りのある住宅の場合など、エアコンの室内機の取り付け位置によっては吹き出し口が大きく開くタイプは選ばないほうがいいかもしれないと思いました。

 

 

愛知県 ゆゆこ

窓とエアコンの距離が離れているかどうか

カーテン業者さんにいわれて設置スペースを考慮したケースです。

新居やリフォームのときなどは注意しておきたいですね。

35年ぶりに「エアコン」買い替えました。問題はA(アンペア)

物持ちの良い方は昔からずっと同じエアコンを使い続けてもう何十年にもなるというケースもあると思います。

そんな中で35年使っていたクーラーを買い替えたという体験談をいただきましたのでご紹介します。

35年ぶりに「エアコン」買い替えました

ホントに今まで、我慢して使っていたのが信じられないくらいに驚きを隠せません。

だって、ボタン一つで「全自動」ですよ!しかもフィルターまでボタン一つしかも「自動で掃除」できるのです。

今までの椅子に上がってフィルターを取って掃除していたのがホントに馬鹿馬鹿しくなって「もっと早く買い換えれば良かった!」とくやむ一方ですよ。
実はエアコンが動かなくなったのは、5,6年前からでしたが、その時は、「もう少し持たせる」とばかり言っていた私、ある人に相談したら「個人でいい電気屋さんがいるから」と言われこの際、「世話になっちゃえ」と思いエアコンを買い、取り替えました。
そしたらなんと、三菱ルームエアコン「霧ヶ峰」ですよ!全部ボタン一つで出来、なにより、今までついていなかった「暖房、除湿」までも付いているのです。こんなんだったら「もう少し早く買えばよかった!」自分の頭の中に過ぎりました。
ほとんどの電気屋さんに聞くと「部品が10年しかない」というのです。買い替え等、製品が早く生産を終了する為に、そうなってしまうのですが、「長く使いたい」というお客もいるのではないでしょうか?

時間をかけないでこのエアコンは冷やしたり、暖めたりする事が出来るので、かなり「省エネ」だと思います。
しかし困る事もあります。そう「アンペア数」です。築35年の家では、30Aが当時では1番多く今みたいにそんなにコンセントを使う事はなかったように思います。

今、これだけ電気製品が増え、さらに、アンペアを多くすると、予想以上に電気代が上がることが予想されます。

30Aで何とかギリギリ使うようにしないといい製品を買っても意味がありません。わかる人はわかると思いますが、「電気代と使う容量」これをしっかり覚えておけばいい」と私は思います。

 

栃木県   M.H

忘れずにチェックしておきたいアンペア数

エアコンを購入するときにアンペア数も忘れずにチェックしておきたいですね。

エアコンは目安として

インバータエアコン(冷房時おもに10畳用平均)<立ち上がり時など>

冷房5.8A<14A>暖房6.6A<20A>

といった数値になっています。

これまでエアコンを設置していなかった部屋にエアコンを設置するとなるとアンペア数が足りなくなってブレーカーが落ちてしまうということも考えられますのできちんと対策をとりたいですね。

他の数値も目安として載せておきます。

テレビ(液晶42型)…2.1A
冷蔵庫…2.5A(450Lクラス)
掃除機…2~10A(弱~強)
ドライヤー…12A

電子レンジ…15A(30Lクラス)

ドライヤーや電子レンジなどはかなりアンペアを食います。

対策としては電子レンジやドライヤーなど電気を食う物を同時に使わないことや電力会社の契約アンペア数を上げるということが考えられます。

なお契約アンペア数によって基本料金が変わりますので東京電力の例を載せておきます。基本料金を上げるかうまく家電を使い分けてブレーカーが落ちないようにするか、考えどころですね。

契約アンペア(A) 20 30 40 50 60
基本料金(円/月、税込) 561.60 842.40 1,123.20 1,404.00 1,684.80

我が家のアンペアチェックで調べることもできるので気になる人はこちらでチェックを。

引き込み電線の容量がぎりぎりだった場合など電気屋さんによる工事が必要になる場合もあるのでよく確認してみましょう。