エアコンの100V、200Vとコンセントの形状

スポンサードリンク

エアコンは100Vタイプの物と200Vタイプの物が存在し。

6畳~12畳ぐらいの物だとだいたい100Vですがそれよりも広い部屋用のエアコンだと200Vが主流になってきます。

ただ、200Vだと電気工事が必要になってくる場合があるので注意しましょう。

ちなみに時々勘違いをする人がいますが、100Vが200Vになったからといって電気代が変わるわけではありません。

電圧が2倍になると運転のパワーが2倍になりますが、100Vでも200Vでも同じ量の仕事をこなせば結局消費電力は同じになります。

電気代が変わるわけではありませんが、広い部屋に対応させるためにはパワーがいるので大きな力を発揮できる200Vにするわけですね。

こちらの中国電力さんのサイトが参考になると思います。

コンセントの形状について

consent

エアコンは電流の容量が大きいので、エアコン専用のコンセントでの使用をする必要があります。

そして、エアコンのコンセントの形状はいろんな種類があって場合によっては接続できない場合があるので注意しましょう。買ったあとにコンセントの形状が違うなんてことがわかったら余分な工事が必要になってしまいます。

新築やリフォームを機に200V用のコンセントが用意できるといいですが、コンセントが無いけど、どうしても使いたい機種がある場合は工事が必要になります。

さきほどもご紹介した中国電力さんのサイトではかなりわかりやすく解説がされているので見ておく価値がありです。自宅の配線を確認する方法まで紹介されているので、すぐに200Vにできるかどうかが判断できると思います。

また、ネット通販でも取付時に工事をしてもらえるところがあるようです。

こちらはエアコンのマツさんの工事料金ページです。エアコンを買うときに一緒に工事をしてもらえるように手配するのもありですね。
エアコンのマツ標準外追加工事料金はこちら

スポンサードリンク
2015年5月6日 エアコンの100V、200Vとコンセントの形状 はコメントを受け付けていません。 エアコンの選び方