売れ筋はこれ!2016年エアコンランキング 6畳8畳10畳12畳 激安モデルが人気!!

夏や冬を快適に乗り切るために欠かせないエアコン。各社様々な機能を付加して私たちを惹きつけてくれますが、それぞれの対応畳数でどんなモデルが人気なのかをチェックしてみました。

6畳 パナソニック CS-225CF

人気なのは昨年から引き続いてパナソニックのFシリーズCS-225CFです。去年は型落ちとなったCS-224CFが人気でしたがその流れは相変わらずで発売から時間が経って安くなったCS-225が人気です。

機能はなんていうことは無いのですが手を出しやすい価格と6畳ならばセンサーやサーキュレーション機能は必要な場面はそれほどないだろうということでシンプルなモデルが人気なのでしょう。

口コミを見ても価格を考えればパワー、騒音ともに及第点という人が多いようです。

とにかくコストを抑えたい人に。

 

8畳 パナソニック CS-255CF

8畳もパナソニックのFシリーズが人気です。

CS-225CFと同じシリーズなので特別付け加えることもないのですが、いくつかネット上の口コミをチェックしてみます。

  • シンプルで良い多機能を求める人には不満かも
  • 6畳なら十分のパワー
  • 室内機がブルブルするという声とそうでないという声

多少振動などは気にしたほうがいいでしょうか。

しかし廉価モデルなのであまり多くを求めすぎるのも酷かもしれません。

 

10畳 パナソニック CS-285CF

10畳でもなんとパナソニックのCS-285CFが人気です。

廉価モデルにおけるパナソニックの人気が伺えます。

自動お掃除機能のあるエアコンを買ったけどうるさくて必要なかった、冷やしたり暖めたりができれば十分という人がこうした廉価モデルに流れてくると思われます。

それか鼻からそんな機能求めていないという人ですね。

家電は昔からナショナル・パナソニックブランドという人もいるでしょう。

 

12畳 三菱電機 霧ヶ峰 MSZ-GV365

おもに12畳のモデルでは三菱電機のMSZ-GV365が人気のようです。

人気になっているパナソニックのエアコンと同様シンプルな構成で価格が安いのが特徴です。

除湿の強さを強・標準・弱の3つから選べたり、熱交換器にコートが施されていたりします。

こだわりの日本製(付属品の一部のぞく)であることをウリとしていますのでどうしても日本製がいいという人は三菱電機を検討してみるといいかもしれません。

 

パナソニック以外はどこが人気?

パナソニックと三菱電機いうことになってしまったのでそれ以外のメーカーではどこが人気なのかもチェックしてみます。各メーカーの人気機種もあわせて紹介しておきます。

パナソニック、三菱電機に追随しているのはダイキン、日立といったメーカーです。

いずれも価格の安い基本的なモデルですので6畳~12畳における需要が伺えますね。各メーカーの廉価モデルを紹介しておきます。

ダイキンの廉価モデル

ダイキンは上位機能は加湿器脳など供えていますがこのモデルはそんなことはありません。パナニック同様シンプルな構成です。

5段階に選べるドライや暖房冷房ドライを自動的に切り替えてくれる自動運転を備えています。

DAIKIN ダイキン工業 E F22STES-Wを楽天市場でチェック

日立の廉価モデル

日立の白くまくんも同様にシンプルなモデルです。省エネ効率を表すAPFも5.8で他メーカーと変わりありません。

肌寒さを抑えるソフト除湿や運転後にエアコン内部を乾燥してくれるエアコン内部クリーン機能を搭載しています。

HITACHI 白くまくん AJ RAS-AJ22E(W)を楽天市場でチェック

 

まとめ

パナソニックが強しといった印象ですがダイキン、日立、三菱電機は同時に名前をよく見かけ、それほど人気に差は無いように思います。

廉価モデルなら機能的な差もそれほど無いと思いますし価格や値引き交渉で決めるのもありかもしれませんね。

エアコンの取り付けを別で頼むならなら一括見積もりがお得?

ネット通販だと取り付けが心配!

そんな人も無料一括見積もりをすればエアコンの取り付け工事の価格を比較することができます。
エアコンサポートセンターの無料見積もりはこちら